読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

身の丈時間。

自分に合った身の丈時間を背伸びすることなく、家族と一緒に過ごしたい。

キッチン道具選び、失敗と成功。

住。 台所。 物。

f:id:minotakezikan:20161207104837j:image

 

料理が得意ではない私、キッチン道具はあまり高価なモノは持っていません。

というか、使いこなせないのが現状です...

ニトリの鉄のフライパン とオイルポットはすごく気に入っていて買って良かったなぁと思えるモノ。

デザインもシンプルで色も黒という好きな色。

成功のキッチン道具。

 

鉄フライパン(テツフライパン) | ニトリ公式通販 家具・インテリア・生活雑貨通販  のニトリネット

 

 

www.nitori-net.jp

 

ただ唯一、好んで買うのは鉄のフライパンかどうかということ。

今まではフッ素コーティングのフライパンを使っていたのですが買い替えるのがいつも後回しになり結局焦げ付く...買い替えの度に出費は続く。

私が鉄のフライパンを買う理由は、美味しく焼けるから、という理由ではなく、長く使いたい、なるべく出費を減らしたいから。です。

それも決して高くない鉄のフライパンを選んでます。

引っ越し当時は鉄のフライパンにこだわってしまい、ラバーゼの鉄のフライパンを買いましたが、まだIHを上手に使いこなせなく、火加減で失敗し、フライパンの底が変形してしまいました(泣)

それにラバーゼ鉄のフライパンの良いところは取っ手が短くオーブンにそのまま入れて調理が可能というところなんですが、私には必用のないメリットであること、そして取っ手も鉄なので熱くて握れず、むしろ不釣り合いなフライパンであるということがわかりました。

結果、失敗のキッチン道具になりました。

でも後悔はしてません、むしろ買わないとわからなことで自分の調理スタイルの見直しになったとすっきりしています。

ほんとは買わなくても分かることができたらよかったんですが、道具選びも失敗があって成功がある。その繰り返しかなと思います。

 

 

f:id:minotakezikan:20161207104901j:image

 

一番上の小さな鉄の卵焼き器、夫婦二人分のお弁当ならこれで十分なんですが、あまりにも小さすぎてIHでの火加減が難しく、最近やっと慣れてきました。

これも失敗のジャンルに入るなと思ってます。

真中はラバーゼのフライパン(小)このサイズは底の変形もなく使ってますが、取っ手の熱さに注意が必要。

私の場合失敗の方が多いのかもしれません。鍋ひとつ買う際にも商品情報を読み、実際に使っている人の声(ブログ)なども情報収集の一つとしているのですが、そこから間違っていたのでは?と最近は思います。

どんなに良いと評価されていても、まずは自分の調理スタイルをしっかり理解していないとどんなに良い鍋でも生かされない。

お菓子作りも最近は全くしてません。

やっぱり自分で作るより買って食べた方がすごくおいしいからです。

前までは手作りで無添加、体にやさしいお菓子作りに一時期はこってましたが、材料選びやらですごく疲れている自分に気付き、これじゃ全然体にやさしいお菓子を作ってる意味がないと思いパタッとやめました。簡単なパンケーキやゼリー、パウンドケーキくらいは作ります。それで子供も喜んでくれますし、ケーキ屋さんへ行く時のあのドキドキ、ワクワク、キラキラ感を子供たちと一緒に楽しんでます。

 

 

f:id:minotakezikan:20161207104911j:image

 

道具ではないですが、キッチンはグリル無しを選んで成功でした。

グリルを洗うストレスも無くなり、グリルの代わりにIH下は収納スペースができました。

収納するモノは菜箸と計量スプーンくらいですが...(笑)

身の丈暮らし、まだまだ続きます。

 

 

本日も読んでくださってありがとうございます。

よろしかったらクリック ↓ よろしくお願いします。